• 171月

    ハーブの持つ香りは心身に効果をもたらすものといわれていますが、実は女性の大敵である便秘にも効果があるものであるといわれています。
    便秘というのは、大腸の働きが低下することによるものですが、根本的な原因はストレスや疲労というところにあることが多いようです。

    もちろん繊維質を食べていない、お腹の中の菌の働きが弱いということも関係しているのです。
    ですから便秘の解消としては、野菜を食べて繊維質を摂ること、ヨーグルトなどで菌を継続的に取り入れること、ストレスや疲労を軽減すること、生活習慣を改善することなどが必要になってくるでしょう。
    野菜を摂るということで野菜ジュースを飲まれるかたもいらっしゃいますが、実は野菜を食べるほうがゆっくりとお腹の掃除をするので良いとも言われています。
    ハーブはそのような努力をしたうえで用いることができる方法でしょう。
    カミツレ、西洋タンポポ、ウイキョウといったハーブを用いるハーブティを飲むことで、便秘状態の改善の一躍を担うことができるでしょう。
    もちろん運動をして、筋肉を鍛えて身体全体を刺激することも忘れないようにしましょう。

Comments are closed.