• 171月

    ハーブを使って染色をすることは、昔から行われてきています
    世界各地によって使われているものは様々かもしれませんが、
    代表的なものとしてはアルカネット、ダイヤーズカミツレ、ホソバタイセイというハーブがあるようです。

    これらの染料として用いることのできるハーブは、花や葉、根など様々な部分に染料として用いることのできるものを含んでいるようです
    そこに含まれている成分としては、フラボン、タンニンといったものが多く含まれているようです
    これらの成分が色をつけるというよりは、金属イオンと結びつくことによって色をつけることができるようです
    特に植物にはこのような作用をもつ成分が多く含まれていると言われているので、昔から染色のために用いられているのでしょう
    植物にはそれぞれ金属の含有が異なっていますので、それらを見極めることによって色の違いを楽しむことができるでしょう

    おすすめサイト
    池袋の居酒屋でおいしいのは青龍門!

    Permalink Filed under: 楽しくハーブ
    ハーブによって染まる色 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.