• 171月

    ハーブを用いた染色は自然のものを用いたものとして活用されてきましたが、合成の染料が産業革命後に開発されてくることによって、勢いを失っているものといえるでしょう
    日本でも一般的に販売されているものは合成のものが多く、自然のハーブを用いた染料を用いることは高級なものということができるのも納得ができるでしょう
    特に合成染料は天然ものよりも着色が強く、色あせも少ないということが現代の生活においては優遇されるポイントとなるのでしょう
    しかしハーブ染料には、合成染料にはない魅力が多く含まれているということも覚えておきましょう
    ハーブ染料は鮮やかさが無いかわりに、しっとりとした色合いを醸し出すことができますので、より味わいの深い色合いを感じることができるでしょう
    さらに、同じものを用いていても季節によって違いがありますので、同じものを探すことは大変難しいといえるでしょう
    ですからハーブ染色のものを手に入れるなら、合成染色のように同じものではなく、それぞれの色合いを楽しむことができるといえるのではないでしょうか

    Permalink Filed under: 楽しくハーブ
    ハーブ染色ならではの魅力 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.