• 231月

    外側からのネイルケアをしっかりと行なうことと、同時に内側からも爪をケアしてあげることが大事です。
    そのために必要になるのは、栄養のある食事を続けるということです。
    爪にとっては、たんぱく質が必要な栄養素として大事なものです。

    動物性たんぱく質の場合には爪に弾力性を与えますし、植物性たんぱく質の場合には爪を丈夫にすることができます。ビタミンも重要です。ビタミンAは抗酸化作用を持っており、薄い爪でも硬く丈夫なものにしてくれます。ビタミンB2は細胞の再生、成長を促進し、爪だけではない皮膚や髪の毛、歯を形成することに役立ちます。ミネラル、例えばカルシウムや鉄などで、健康な歯や骨、爪の形成のためには必須な栄養素になります。
    爪、髪の主な成分になっているのは、ケラチンといわれるたんぱく質が変化したものです。爪に良い栄養ということは、つまり髪にも良い栄養になる、ということです。たんぱく質の摂取を心がけるようにしましょう。

    おすすめLINK
    ■店舗も通販もあり!大阪堺の和菓子をギフトにどうぞ。お中元やお歳暮に喜ばれます。

Comments are closed.