• 161月

    一日の間に、二リットル程度の水を飲むということが実は理想的です。
    これだけの数になると、自分から意識をして摂取をすることが必須になります。
    水分が不足した場合、血液中の水分が少なくなってきて、これによって血栓ができやすい状態になってしまいます。

    例えば、飛行機に長く乗っていて、エコノミー症候群になってしまうということはこの例になります。しかし、飛行機ばかりではなく、長い時間のデスクワークをしている、就寝中であってもこれにあたる状態になってしまいます。体というのは、水分の新陳代謝を利用して、体内の不要物質についてを体外へと排出しています。腎疾患がないのであれば、どれだけ水を飲んでも害があるというわけではありません。
    特に、ビールなどのお酒を飲んだ場合には、さらに多くの水を飲む必要があるといえます。

Comments are closed.