• 146月

    発酵食品といって特に有名なものであれば、納豆が挙げられるのではないかと思います。
    発酵食品というのは、腸内細胞を活発にして、栄養の代謝を促す効果のあるものです。それによって、快腸をもたらすことになります。腸は異物の侵入を抑えつつ、体を守るという免疫機能を持っています。発酵食品であれば、この免疫機能をさらに高めることができるようになるのです。
    便秘がちな人などは特に、取り入れておきたいものなのではないでしょうか。また、コレステロールが少ないという嬉しい作用もあります。

    納豆のほかにも、チーズ、ヨーグルト、乳酸飲料なども発酵食品に含まれます。鮒寿司、塩辛、味噌、しょうゆなども含まれます。品目からしても毎日の食事で取り入れることも簡単なのではないかと思います。その中でも納豆といえば、発酵食品の王様といわれるほど栄養が多く含まれて居ます。
    発酵食品は、微生物の力によって、元の食材よりもさらに美味しさや有効成分を作り出すことができ、栄養価の高い食べ物と変わっていきます。同じ食材であっても、発酵をすれば、元の栄養分にさらに変化が生まれていくことになります。

    Permalink Filed under: 発酵食品のよさについて
    発酵食品のよさについて はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.