• 171月

    ハーブは食べることでも、多くの効果をもたらすものと考えられています。
    ヨーロッパの料理などではハーブを肉や魚料理と一緒にすることにより、香りを楽しむだけではなく味も楽しむことができるようになっています。
    もちろんアジアやアフリカの料理でもハーブを用いているものがありますので、美味しいハーブ料理を楽しむことができるでしょう。

    ハーブの種類にはアニス、クミン、ウイキョウ、レモングラス、タイム、西洋タンポポ、ニガハッカ、ヨモギ、セージなどいくつもの種類のものが用いられています。
    食欲増進、食中毒予防、芳香作用、消化促進など様々な効果がありますので、それぞれの効果を選んでいくようにしましょう。
    その味も様々になっていますので、ハーブを自宅でも活用していくようにしましょう。

Comments are closed.