• 2210月

    ヒアルロン酸とは、人間の身体に存在している、粘性の液体のことを指し、ムコ多糖類の一種です。
    ヒアルロン酸が発見されたのは、1934年アメリカにあるコロンビア大学の教授によって、牛の硝子体(hyaloid)から発見され、ヒアルロン酸(hyaluronic acid)と命名されました。
    日本国内では、筋力低下や肥満、加齢による膝の関節機能の著しい阻害であ変形性膝関節症の治療薬として1987年から使用が始まりました。
    主にヒアルロン酸は皮膚・軟骨・目・脳・関節液などに多く含まれる成分であり、私たちがより良く生活していくための成分と言えます。
    元々人間の身体中に多く含まれる物質ですが、幼少期をピークにし、段々と失われていき、40歳頃から減少が加速され、70歳頃には殆ど残らなくなります。
    ヒアルロン酸は1日に200mg以上飲むことが本来なら望ましいとされているのですが、ヒアルロン酸が含まれている食品は非常に乏しいので、普段の食事から摂取するのは難しいでしょう。なので最近では、サプリメントや化粧水によってヒアルロン酸を摂取するという簡単な方法が広まっています。
    肌にも健康にも優れている成分なので、程よく摂取していくのが望ましいですね。

    Permalink Filed under: ヒアルロン酸って?
    ヒアルロン酸って? はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.