• 171月

    女性には特有の問題が生活の中に隠されていて、生理はその中でも突出している問題ということができるでしょう。
    生理のときには痛みやだるさ、不快感などを感じるだけでなく、精神的にも問題を抱えることがあるでしょう。

    そのような時に上手にハーブを用いて行くことで症状の軽減を行ってみるのはいかがでしょうか。
    活用できるハーブとしては、カミツレ(鎮静作用)、ラズベリー(子宮筋の正常作用)、西洋オトギリソウ(気分高揚作用)などを用いることができるでしょう。
    加えて、自分が気に入っている香りのハーブを揃えておくとよいのではないでしょうか。

Comments are closed.