• 063月

    ・若いときから予防をしておこう
    毎年、約25万人という人数が、脳卒中を発症してしまっています。脳卒中というのは、脳の血管が詰まってしまって脳梗塞になってしまったり、破れたりして脳出血やくも膜下出血になってしまったり、こういった症状が起こる病気の総称になります。
    日本人の死因としては、がんや心疾患に並んでトップ3となっているものであり、寝たきりになる原因が最も高い症例です。ですが、この脳卒中に正しく知っていることによって、自分で予防を行うこともできるでしょう。早い段階で発症しているというサインを見逃すことなく、早めに治療をしておくことで、手遅れにはならずに治療できるでしょう。
    Read the rest of this entry »

    Permalink Filed under: 脳卒中のサインとは 脳卒中のサインとは はコメントを受け付けていません。
  • 203月

    ・早期発見し早期治療を行う
    めまいや体が麻痺してしまう、性格に言葉を話すことができなくなるといった症状が急に現れてしまい、そして数分でまた元の状態に戻る、というものがあります。長い場合でも、24時間以内におさまるようです。
    Read the rest of this entry »

    Permalink Filed under: 脳卒中は早期発見が一番 脳卒中は早期発見が一番 はコメントを受け付けていません。